一喜一憂、徒然日記

.--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.05

過去記事

家庭訪問

先日、保険所からアンケ-トが届きました。

相変わらずの内容のアンケ-トです。

そのアンケ-トの回収と少しお話を・・・と言うことで数日後に保健婦はやってきました。

話はアンケ-トに基づいた話です。
その話の中で「はぁ~??」と思った事が一つ・・・
「未だに事件の事を思い出しますか?」 と、保健婦が言う。
我が家にはカレ-の調理されたガレ-ジがあり隣の空き地は祭り会場です。
「思い出す」とは どういうことなのでしょう・・・??
事件以降いつも目の当たりにしている私の心境を理解できますか??
と、尋ねたくなりますよ!!
未だに、ガレ-ジの天井は拭く気にはなれません。
現場検証の時はガレ-ジの屋根からも砒素が検出されたからです。

今年で、丸九年・・・
未だにカレ-ライスは食べることが出来ず、「砒素」とか「カレ-事件」いうことに神経は異常反応。
この先、まだまだ襲ってくるであろう癌んなどの病気・・・
事件の被害者って ある意味「現実逃避」しなくては精神が正常に保てないような・・・
少なくとも私はそうです。

みんなからは、「前向きで男らしい性格やからええわ~・・・」と よく言われますが
あの事件で 私の心が鍛えられたのです。(元々はマイナス思考でウジウジ悩むタイプでした)
自分の意見を人に言ったところで 心の中は定規では計れませんから
明確に伝えることが出来ませんし、明確に理解することも出来ません。
だから、人には自分の心の中は見せない。
理解できないのなら それで結構・・・言う必要なし!って、あの日から誓いました。

去年、弟が亡くなり一人になると涙がこぼれます。
変形した爪を見たり 毎日過ごしていく中、自分の心に蓋をしてる部分が急に重くなり
やっぱり悲しくなります。

でも、本当は被害者の心理を理解してくれる人、心のどこかで探そうとしているから
こんなこと書いたりするんですよね・・・







スポンサーサイト

NEXT Entry
本日は洋風
NEW Topics
持ち物は場所を考えましょ
明日、入学式
崖っぷち人生
義援金
変な咳

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言


プロフィール

こたじぃ

Author:こたじぃ


フリーエリア
広島ブログ にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

RSSフィード 管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。