一喜一憂、徒然日記

.--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.07

未分類

原爆と灯篭流し

小学生の頃、夏休みは母と共に広島で過ごしてました。

8月6日は朝から式典の中継ばかりで正直「うざっ」と思ってました。
大人になって広島に帰る機会も減り和歌山で迎える原爆記念日。

和歌山では平和式典はチョロっとニュースでする程度・・・(NHKは中継してるんかな?)
子供の時に見た式典中継って全国区でやってるものだと思っていた。

毎年、8:15には起きれず・・・心の中でゴメンナサイと呟く。

毎年のように夏休みは広島で過ごしていたのに8月6日は投下時刻には起きれず
そして、灯篭流しも見たことが無い・・・

私の曾祖母は投下時、外で洗濯物をしており原爆で吹き飛ばされたそうです。
祖母は曾祖母を探すため大八車を借り曾祖母を探しまわりました。
探すのにどれだけ時間を掛けたのかは解りませんが(何せ母が6歳の時の記憶だから曖昧)
見つけた時はマダ息があったものの放心状態。
でも、女性の本能なのかボロキレのようなもので下半身と胸を隠し小さくなって座っていたそうです。
そんな曾祖母を大八車の荷台に乗せ連れ帰る途中に安心したのか息を引き取ったそうです。


原爆の犠牲になって亡くなった曾祖母の為に灯篭を流してあげたい。


年々、この気持ちは強くなるのですが仕事の休みがうまい事合わない。

でも今年は定休日が丁度8月6日・・・

墓参りを兼ねての帰省が出来るチャンス。
灯篭流しも行ける・・・

店主の父は気を利かし木、金とユックリ灯篭流しが出来るように連休にしてくれました。

なのに、なのに・・・・・


金曜日は娘が補習。
受験生である娘は補習が外せません。

そのため、墓参りは両親だけで行くことに。
私ら親子は留守番です。


私も本当なら元安川で灯篭を流し幻想的な空間に浸れていたはずなのに~。

今年も写真で我慢です・・・気持ちだけは広島に向け追悼


それにしても広島ブログのブロガーさん達が掲載してる灯篭流しの写真は本当にきれいですね。

追悼の気持ちが写真に現れているのでしょうね・・・





スポンサーサイト

NEXT Entry
じいちゃんの家庭菜園(すいか編)
NEW Topics
持ち物は場所を考えましょ
明日、入学式
崖っぷち人生
義援金
変な咳

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言


プロフィール

こたじぃ

Author:こたじぃ


フリーエリア
広島ブログ にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

RSSフィード 管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。