一喜一憂、徒然日記

.--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.13

携帯投稿

存在価値

ある人の言葉で思い出した事を日記に書こうと思います。 

去年、私の練習する場所の一つに大学の空手部があるのですが、そこの部員が心不全で部活の帰り道亡くなりました。
家にたどり着ききれずに…

あまりの突然の死にびっくりです。 
私も3年前、弟を38の若さで亡くし何だか他人事の様に思えなくて通夜に走りました。 

ご両親が健在で若い人が亡くなった葬儀は本当に辛く、私も人の親なので子を亡くす親御さんの無念な気持ちは胸に刺さるほど痛感いたしました。 

通夜での親御さんの挨拶の中で 
「あの子を忘れないでください。あの子との思い出をいつまでも大事にしてください。それがあの子のこの世で存在した証になります。どうか、いつまでも覚えてやっていてください」


この言葉、胸に染みました。 


人は新しい事、楽しいこと、興味深い事のせいで、どんどん過去の事を忘れていきます。 

これは精神を保つ意味で重要な事と思います。  


でも忘れてはいけない事もあるんですよね…


この事をしっかり胸に刻み込んで人生を全うしたいと思います。

(痴呆になっても忘れずにいられるかな…)
スポンサーサイト

NEXT Entry
ねばねば系にハマる・・・
NEW Topics
持ち物は場所を考えましょ
明日、入学式
崖っぷち人生
義援金
変な咳

Comment

Trackback

Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言


プロフィール

こたじぃ

Author:こたじぃ


フリーエリア
広島ブログ にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

RSSフィード 管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。