一喜一憂、徒然日記

.--

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.30

カレー事件

拷問??

先日原因不明な爪の変形の経過観察による診察日でした。
原因不明なだけに医者も手探りで治療法も暗中模索状態…

医者もあれやこれやと治療法を考えては試してくれ、前回から爪の根元に注射をしているのですが…これが結構痛い

この治療、前回から施行してるのですが前回は足の親指。

以前、組織を採った場所がしこりになってる部位にも…ただでさえ痛い部位なのにしこりになってる所は尚の事痛い

今回は人差し指。

先生、痛いと言いながら注射を打つのはヤメテ下さい。

笑ってしまうから

でも、先生のこのキャラ大好きです

スポンサーサイト

.21

カレー事件

カレー事件と私の心情。

先日、訂正申し立てが棄却され、また死刑確定されました。

次は再審請求か??

彼女が死刑執行になったら逆恨みされへんかな~・・・と、いささか不安であります。

ってか、やっぱ・・・・

どんなヤツでも近所に住んでたのが犯人、死刑、執行・・・
決して気分の良いものではないです。


アチラ側にはマスコミを使っての攻撃を受けてますが、それでも死刑はイヤですね・・
言葉が重いです。

「死刑」って言葉、裁判官は重く感じないのかな・・・?
裁判官とて人の子。
常識ある人間として生き物の生き死には精神的な葛藤があると信じたい。

なので、最高裁の判決5-0で「死刑」ってのは、よほどの事だと思います。


状況証拠だけで犯人に仕立て上げていいのか??
ってな声もあちらこちらで聞こえますが1700もの状況証拠。

過酷な捜査の為にお巡りさん一人命を落とされました。

状況証拠・・・
退院後直ぐ、聞き込みの刑事さんが毎日毎日午前中2時間ほど訪問。
私は子供の事も気になるので全快チョイ手前で退院してたので
この聞き込みが辛くて・・・(涙)
2時間も居間にすわり・・・「犯人はどうやって毒を入れたんやろうか?」
みたいな会話ばかり。
「知らんっちゅうねん!!」と心の中で怒りつつ(体調優れず頭痛、めまい、吐き気有り)。

昼からは、調書の製作に訪問する刑事さん。

なんでも、今回の事件は最初ミンナが容疑者。
アリバイなどなどを調べ消去法で容疑者を絞り込んだのです。

ま、調理に関与していない私は当然シロ!
でもグレーが中々消えなかったみたいで。。。(マスコミ情報によるとアチラさん、私が怪しいと
当時から言ってたらしいですわ =3)
通話履歴、仕事場までかかる時間などイッパイ調べられました。
刑事さんいわく・・・私の記憶が一番バッチリだって^^
すこし、嬉しかった♪


ところで、うちらと相反する側の旦那。

生活保護です・・・
金額を聞いたらなんと12万ももらえるらしいですね~。

私の収入と変わらん!!しかも私は後遺症らしき爪の変形で足腰が痛く
痛み止めを飲みながら頑張って12万くらい。

なんか、やってられん!!

オマケに猫も飼ってるらしい・・・・

ウチには猫よりも飯食う血気盛んな若者が居る。

なのに同じ金額??

しかも生活保護って税金でしょ???
っつう事は同じ市民のうちらの血税!
その前は国家の税金、その前は保険で騙し取った金・・・

働かなくても収入に恵まれてる人って居るもんやね・・・はぁ~。

あ、でも生活保護・・・私は受けたくないですけどね。
よっぽどの事情が無い限りヤッパ人として頑張りたいしw


話は変わって保健所・・・

また保健所の恨みつらみです(汗)

今回の最高裁判決。

私だけかも知れませんが、前後かなりのストレスがありました。
一人になると涙がこぼれる事もシバシバ・・・未だに涙することもありますが(年のせいかな??)

これは私の憶測かも知れませんが
この事件に関わった人たちは何らかのストレスを
最高裁の判決前後に抱えた筈・・・・

私なんて精神科を受診しようかな・・・と思うくらい心が重苦しかった(涙)

最近では色んな事件が多発し、
そのたびに「被害者の心のケアー」がどうの・・・って言われてますよね。

もし敏感な保健所なら何らかなのアクションはしているはず・・・
ですが、和歌山はウンともスンともなかったです(涙)

保健所はいつでも両手広げて待ってます。
とか奇麗事言うけど、心がしんどい時、はっきり言って保健所に電話なんて出来ませんよ・・・

保健所の代表が出て何て言ったらいいん??唐突に「精神的に辛いんです」て言ったら
マジでヤバイ電話に思われがちだし何課に繋いでもらっていいのかも知らない。

こんな状況で電話出来る???って保健所に言ってやりたいわ!!

ってか、こんな時こそメンタルなケアーに頑張って欲しかったな~。
何時までも残念な保健所やで・・・


被害者になって11年・・・
あの日を境にカレーの味が付いたものが食べれなくなった。
もうそろそろ・・・と思う自分があるのに身体よりか先に心が拒否してしまうん。

カレーを食べれなくなった事で人に気を使わせてしまう・・
気を使わせてしまう事がイヤで時々凄く悩む。
でも、やっぱりカレーを食べる勇気が湧いて来ない。

体のことも心配・・・
汚い自分の爪を見るとトテモ情けなくなる。
痛いし、だるいし、踏ん張りが利かない。
以前のように元に戻って欲しい・・・



出来るならば事件前に戻りたいよ










.15

カレー事件

和歌山カレー事件と誕生日

すんごっく引っ張ってるカレー事件ネタ・・・

飽きたぞぉ~!と声が聞こえそうですが、どうかお付き合いくださいね。


さて、今回は「冤罪」について・・・


判決が下ってからこの事件に関する色んなブログを読み漁りました・・・


その中には冤罪説を唱える方も数多くいました。


マスコミや警察に筋書きを立てられ彼女は死刑なんて可哀想だとか状況証拠だけで
刑を確定してしまって良いものか・・・

とかとか。


この方達の言う事は理解できます。


でも今回の「カレー事件」に使われた「砒素」

この砒素って100%の砒素ってのは存在しなくって不純物が混じっているのですが、
林邸から押収された砒素とカレーに混入されていた砒素は一致。
この砒素に含まれる不純物の成分と言うのは人間の指紋のようなもので
同一の物がそこら辺にころがってる・・・というシロモノではないそうです。

この砒素の鑑定は砒素を研究する日本で第一人者の先生と世界にも誇れるスプリング8で
鑑定されました。

なので砒素は確実に林邸から出たもの・・・と言えるでしょう。


でも、混入したのが本人かどうか定かでない。

だけどその日は祭りの準備で自治会内の者は大忙し。

殆どが自治会内の奥様連中なので家事プラス準備なのだから忙しいのも当たり前。


そして共働きの家庭も多いので参加していない人は仕事に行ってたり・・・
(私も働きに出ている一人)

自治会内の人間は林邸に砒素があることなんて知る人間なんて居るはず無い。

・・・というか旦那さんは働きに出てたのか??近所に住む私は旦那が働きに出てるところは
見たことがないです。なのでシロアリ駆除業者をしていたなんてことは事件が発覚してから
知った事。

んでもって、マナーのわきまえない人が出入り・・・

そんな所へわざわざ砒素を泥棒しに誰が入る??

もし、泥棒するならば出入りしている人間でしょう・・・


なのに5月9日号の週刊現代の「和歌山カレー事件 林 真須美の夫 激白(真犯人Xの名前)」
という見出しの記事・・・

判決の次の日
週刊現代の記者A井さんという人が私のところに取材に来ました。
内容は記事に書いてある事・・・(記事のように過激な内容ではないけど)

でも、記事を書いたジャーナリストは「今西 憲之」となっている・・・

????

この今西氏はマスコミ関係者から聞くところによると事件後アチラ側に付いているとのこと。

このとき、不安感倍増。


案の定過激な内容。


その文面の中でムカついた一節
「カレー事件の当日に報じられたテレビのニュースをずっと見ていたんよ。みんな苦しんでいる中に
救急車が行き交う。そんな中で一人だけ、笑ってる女性がいたんや。それがX(発言中は実名)やった」
「Xも夏祭りでカレーを食べ、砒素中毒になったと言う。砒素中毒がどれほど苦しいものか(保険金詐欺で)2回も飲んでいるワシが一番よう知っているんや。胃を焼けた火箸で刺したような痛みよ。
それが、なんで笑ってるねん。ワシは不思議でならんかった」

これは、旦那さんの発言なんですが、

病院で笑ってた・・・と指摘がありますが、しんどいながらも知っている人に声を掛けてもらった時
「にこっ」とするような程度のもの。(こんな気遣いって誰だってするのではないのかな・・・?)

砒素を食べたら焼け火箸を刺したような痛み・・・これも個人差はあるのでは??

学生時代10年程本格的にスポーツをしていた30代前半の人間は基礎体力はあります。
代謝も活発・・・気合も十分。
しかも、自分には子供もいるのでこんな事で負けてるわけにはいかない・・・と思えば
ニコッとも出来るし自力で歩く事だってできます。

自分と一緒にしないで欲しいです・・・

あと、「Xのことを探るために弁護士と一緒に車でここら辺に来た時
足が悪いので車で待機してたらXが駐車場の車にいたワシを何度も偵察に来た。目が血走り異様な雰囲気やった」みたいな一節もありますが・・・

駐車場って何処の駐車場なんでしょう??

ここら辺は店の駐車場か路駐以外駐車する場所はないのですが・・・
しかも黒塗りのタクシーが止まってたり見慣れない車が止まっていると「マスコミかなんかかな?」
と思いじろじろ見られるのは特別な事では無いと思います。

なのに「目が血走り異様な雰囲気で偵察」なんて・・・

思考がおかし過ぎます・・・

ってか、来るなよ~。

一帯が被害者の家々なのにXの事を探るなんてよくも堂々と言えたものですね。

この記事は刑が確定されてから世に出たものなんですが、事件後のPTSD、後遺症ともわからない
原因不明の身体の異常、判決前後のストレスを抱えてる者相手に酷すぎます。

この記事を読んでしまったおかげで、夜の外出は極力控えてます・・・

だって、冤罪事件だ、この記事が真実!と思ってる方達の顔は解りません。
でも、Xの顔は世間に知れ渡っている・・・

塀の中にいると身の安全は保障されますが塀の外では全く安全は保障されないですものね。

今週、誕生日を迎えたのに何だかな~・・・

そういえば、地裁の初公判も私の誕生日でした。







.28

カレー事件

和歌山毒入りカレー事件 続編

今回は各報道による様々な事柄を当事者の視点から書いてみようと思います

先ずは近所付き合い・・・
ここら辺は普段から近所付き合いは少ないと思います。
何故ならば住宅地・・・
共働きの家庭が多いのです。

報道ではM美さんはつまはじきにされていた・・・と言うような報道でしたが
別につまはじきにはされてません。
私は隣の家にM美さんがお裾分けを持って来て何か喋ってるのを見たことがあります。

っつうか・・・・

普段真昼間から麻雀していたり、嫁さんも昼間は居る。
なのに外車なんて乗り回すような家庭なんて常識の範囲で物を考えるなら
誰も近所付き合いなんてしようとは思わないでしょ。

しかも、そんな如何わしいお宅の人を誰がつまはじきにしたりするの?

あとが恐いっつうねん・・・



飲食店同士の確執って話もありましたね~^^

ウチの店の後に出来たお好み焼きさんがナント2,3軒先に・・・・
近所に出来たら誰だって気分悪いでしょ・・・普通ね~

だからといって嫌がらせをしたことも無くされたことも無く・・・

ただ、事件直後に私はそこの柴犬に足を噛まれ筋肉まで切れるという大怪我を
負わされ、その後の誠意がずさんなものだったので私個人としては嫌いです。
未だに大きな傷跡が残ってるんですもの。


路駐を巡っての近所間のトラブル・・・

これもM美さんの独りよがりによるもの。


ウチのお客さん、お持ち帰りの商品を取りに来る時は大抵店の前に
路駐します。
その路駐車が邪魔だと思いっきりクラクションを鳴らします。
でも、車が通れるスペースは空いてるんですよ。

私の友達もコレの被害に合いました。

私の家はM美の2件隣。
彼女の家は奥まった場所にあり我が家の前を左に曲がったところにあります。

H邸に麻雀をしに来た客は私んちの玄関の前に我が物顔で駐車していきます。
それで文句を言ったことはありません(だって恐いし・・・)
そうすると、友達が来た時は当然その車の後ろ。曲がり角付近に駐車しなくてはいけません。

そこへ帰ってきたM美・・・

イツモのように思いっきりクラクションを鳴らしていたので
友達は車を移動しにいきました・・・・

普通車なら通れるくらいのスペースはあったんですけど
何せ大きな外車だからね~
友達には「訳わからん人間やからマトモに相手したらあかんよ」って忠告はしておきました。

案の定、友達は大文句を言われたそう・・・・

ま、友達も向こう意気は強いけど賢い人だったので言われっぱなしで帰ってきたそうです。
私には文句タラタラ言ってましたけど(汗)


まぁ~、そんなこんなで彼女はテレビでも良く放送してましたけど
記者やカメラマンに放水シーン

事件が起こる前もこんな感じなんで有りえる行動なんですよ。

本当に普通じゃないです。


報道はされなかったけど常識では考えられない行動も多々あります。


ある時、H邸で記者会見をするというので集まった報道陣・・・
家の中でするって事もあり当然マスコミは玄関で靴を脱ぎますよね。
その靴を裏の用水路めがけてポイポイと投げてみたり、

玄関先(門の外)の階段においてあった機材を「落し物を拾得した」と言い切り
それを取りに行ったカメラマンに渡さなかったんです。
「警察に届けるから」と言い張り・・・・
警察が来て機材は無事カメラマンの手元に。やれやれです。

双眼鏡を持つ彼女の映像も良く見かけました。

あれも向こうの方に不審者が(オウム真理教の信者だったかな?)居るって言って
真剣に双眼鏡で覗いてたんですよ。

わざと、車で機材(脚立だったかな)にぶつかり修理代を請求するような
言動も聞きました。

そんな彼女・・・人に疑われるのは当たり前だと思いませんか?

なのに、彼女やだんなはマジに真犯人説を唱えているようです。

それが、それが・・・・


私だなんて

ありえねぇ!!!

続く・・・・・






















.26

カレー事件

和歌山毒物カレー事件、最終判決

皆さんもご存知かと思いますが
先日カレー事件の最高裁判決が出ました。


今回の判決時、取材のアラシで・・・・
全局制覇しました(汗)
全国ネットででも出演しましたので私を見かけられた方も居るかも知れませんね。



今回の判決に関する取材のオファーは約3週間前から始まりました。

普段でさえ事件の話は気が重く、誰かが事件の話をしているのが聞こえてくるだけで
心がどんよりと沈んでしまう、どこかに隠れたい!って衝動に駆られる私。


なるべく判決を迎えるまでは心をフラットに保ちたい!と思いながら日々を過ごしていました。

でも取材依頼してくるマスコミは殆どが顔見知り・・・
中にはプライベートででも付き合いする人も居ました。

なので、応じてあげたい気持ち半分・・・
でも、自分の心は平静を保ちたい・・


この時に私は3日程続けて悲しい夢を良く見ました。

「あんたなんかに私の気持ちの何が解るのよぉ!!」って泣き叫ぶ夢。

誰に言っているのかは記憶に無いのですが、いつもこの台詞を泣きながら叫んで目が覚めるのです。


今思えば精神的にかなりストレスを感じていたんだろうな・・・と思います。

ある日、私は相棒とプロレスさながらに暴れて遊んでいました。
相棒に押さえ込まれた瞬間・・・・何故だか涙が溢れてきて・・・
別に痛いのでも悔しいのでもなくて、イツモの私なら反撃に出るのですが。

でも、泣いたら心がとてもスッキリ!

私の心がイッパイになって涙となって溢れ出たのでしょうね。

その後の私は判決を迎える心の準備万端!!
マスコミなんてドンと来い!って感じでした^^

長くなりそうなので次回に続く・・・・^^





やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言


プロフィール

こたじぃ

Author:こたじぃ


フリーエリア
広島ブログ にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

RSSフィード 管理者ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。